<<< トップページに戻る HOME

「鶏の研究」2020年6月号

鶏の研究2020年6月号
2020年6月号
−目次−
  • 展望
     食と生産の柔軟性・多様性にどう応えるか

  • 採卵養鶏の当たり前のことを知る(7)
    鶏舎内の点灯時間(点灯プログラム)について・・・・・和田安直
  • 新連載 第1回 養鶏生産現場で目にしたこと
      MGはまだまだ警戒を解いてはいけない・・・・・金田正彦
  • 消毒薬の毒性と事故・・・・・横関正直
  • 2020年養鶏用飼料製造に影響をもたらす六つの事象・・・・・オルテック・アップデート
  • 『鶏種のはなし』第6回:コーチン・・・・・駒井亨
  • 鶏卵生産者は、バタリーケージから代替システムへの変化にどう対応するか
    ・・・・・王立動物虐待防止協会オーストラリア
  • 全業種中80%以上の回答者が売上の減少を予測
      〜生活衛生関係営業 新型コロナウイルス感染症緊急調査(第2弾)
    (公財)全国生活衛生営業指導センター 
  • 素雛はレイヤー出荷羽数、ブロイラー生産共に微減
      〜令和元年度 第二回種鶏導入および素雛計画生産の概要〜
    (一社)日本種鶏孵卵協会
  • 卵用鶏は188百万羽、肉用鶏は148百万羽が目標
      農林水産省「鶏の改良増殖目標」 
  • 安全で衛生的な成鶏肉の輸送に向けて
      成鶏輸送容器改良案 報告書 
  • 本年度の主要産地出荷計画羽数は1.3%増
      〜2020年度ブロイラー出荷計画羽数〜
     (一社)日本食鳥協会 
  • 「週に一日以上食べる」鶏肉が61.5%、卵が83.2%で
     前年度に比べて共に微減
    (一社)日本協同組合連携機構「農畜産物の消費行動に関する調査結果2019」
  • 生活衛生関係営業の37.2%が「人手不足」
      食肉・食鳥肉販売業では36.8%と全体を下回る
      (株)日本政策金融公庫「雇用動向に関するアンケート調査結果」 

    <随想>
  • 子供の時には…
    〜過去は郷愁と共に思うべきもの〜 ・・・・・加藤宏光

    鶏界情報・海外版
    鶏界情報・国内版
    4月の動き
    技術要約