<<< 戻る

臨時増刊「鶏の研究」第23号

臨時増刊 鶏の研究 第23号
第23号
2017年8月発行

生産性向上のための環境要因
〜飼料要求率改善のための各種要因〜

− 概要 −

 鶏業界は寡占化が着実に進行しているのが実態であり、業界を取り巻く環境は日々激変している。一方、先行き不透明感が漂う中にあっても増羽意欲は旺盛であり、1%の増羽が5%の価格下落に繋がるといわれ、このような環境の中で生産者が生き残る道は経営効率の改善、すなわち生産性向上に尽きる。そこで本号では、生産性向上のための環境要因について数多くの項目の中から、特に注目したいテーマについて取り上げ解説する。